TOP

移転補償事業について移転補償事業

移転補償に係る優遇税制

移転補償を受けた場合、次のような譲渡所得控除を受けられるなどの優遇措置があります。

租税特別措置法34条・65条の3

騒音防止法9条に基づき個人の方または法人の方が土地を譲渡した場合 2,000万円の特別控除。

特定の事業用資産の買い替えについての税制特例措置の延長
(所得税は平成32年12月31日まで、法人税は平成32年3月31日まで)

租税特別措置法37条及び65条の7等

個人の方または法人の方が第2種区域内(第3種区域を含む。)の土地等を、
当該区域外の土地等と買換えした場合、譲渡益の課税の特例。

※税金関係の詳細については、お近くの税務署にご相談ください。

税制特例の概要

○特定飛行場周辺の航空機騒音障害区域内に所有する事業用資産等を譲渡し、航空機騒音障害区域外の資産と買い換える場合の譲渡所得の課税特例

○譲渡所得について、80%を所得税の対象所得から控除する等の内容

税制特例の概要

移転補償事業に関するお問合せ

お問い合わせは「補償課」まで

TEL.092−472−4596

FAX.092−472−4597