TOP

住宅防音事業住宅防音事業登録業者登録業者の方へ

空調機器更新補助の要点

1

補助金を受けるにあたり、提出していただく書類が多くご迷惑をおかけしますが、国の規定により必要なものですので、あしからずご了承ください。

2

この制度は、以前に補助を受けて取付けたエアコン等が壊れた際に、工事前に補助申込をして、取替費用の一部(50〜70%)を機構が補助する制度です。取替えるエアコン等の維持管理は持ち主である居住者(賃貸住宅の場合は居住者(借家人)と家屋所有者)で行っていただかなければなりません。

3

補助の対象となるのは前回の取付工事から「10年以上経過」し、「壊れた」エアコン等です。

4

エアコン等が壊れていることについては、「空調機器故障状況報告」(書類)で、故障状況を確認していただき、空調機器更新工事助成申込書と一緒に提出していただく必要があります。

5

補助の対象となる部屋の数は、申込時点での居住人数や何回目の工事かによって決まります。

6

エアコンのみの取替は可能ですが、換気扇のみの取替は原則できません。

7

「生活保護世帯」、「中国残留邦人等支援給付受給世帯」、「市県民税額が一定基準額以下の世帯」の場合には、住民負担額の補助制度があります。更新工事の申込の際に受付窓口でご相談ください。

8

補助を受けて設置したエアコン等の所有権、管理責任、権利等は、申込者にあります。建物の所有者と居住者が異なる場合は、上記について所有者と居住者の間で協議して決めてもらい「空調機器更新工事助成申込書」の賃貸住宅における確約事項に署名・捺印して頂くことが必要です。また、居住者の転出の際に、補助を受けたエアコン等の持ち出しはできません。

住宅防音工事・空調機器更新工事に関するお問合せ

お問い合わせは「地域振興課」まで

TEL 092−472−4594受付:平日(月〜金)の 9:00〜17:00

FAX 092−472−4597※回答先(氏名、住所)を記入願います。

E-mailminbo@oeia-fuk.ne.jp

お手紙でのお問合せ〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2丁目17番5号 独立行政法人 空港周辺整備機構 地域振興課 あて※回答先(氏名、住所)を記入願います。

登録業者登録業者の方へ