TOP > 民家防音事業について > 民家防音工事 費用補助の手続きの流れ
平成29年度の申込受付期限は、平成29年8月1日(火)まで です。
民家防音工事 費用補助の手続きの流れ
民間防音工事費用補助 制度の説明
申請書類はこちら
2民家防音工事の補助対象となる住宅

民家防音工事の補助対象となる住宅・解説図
1 昭和49年8月31日告示による1,2,3種区域内に、その当時から現存する住宅。
2 昭和52年4月2日告示による1,2,3種区域内に、その当時から現存する住宅
3 昭和54年7月10日告示による1,2,3種区域内に、その当時から現存する住宅。
4 昭和57年3月30日告示による1種区域内に、その当時から現存する住宅。 
5 前記14に掲げる区域内に所在する住宅であって、昭和57年3月30日当時から
現存する住宅。・・・5-15-3(告示日後住宅)

告示日以前から現存していた住宅を建て替えた場合は原則として補助対象となりません。ただし上記15に該当する住宅を、防音工事を実施せずに建て替えた場合で、告示日以前からの居住者が建替後も引き続き居住し続ける場合、建替の条件及び理由によっては補助の対象となることがあります。(詳しくは機構へお問い合わせ下さい。)

2 工事費の補助方法とは
国が定めた標準工法により行う防音工事の費用を、国・県及び市・町の補助金によって補助します。工事の費用は申請者からの委任を受けて設計監理業者及び施工業者に当機構が直接支払います。補助金交付申請など補助制度上の必要な手続きを、機構が指定する業者がお手伝いします。

3 申込者の費用負担
基本的に申込者の負担金はありません。 ただし、告示日後住宅の空気調和機器設置・設備工事において、申込者の一部負担金が発生します。また、国が別途定める金額を超過した金額及び標準工事以外の工事に相当する金額は、未実施、告示日後共に全て申込者負担となります。
告示日後住宅防音工事における空気調和機器に対する住民負担額(標準工事の場合)

エアコン設置工事(基準額以下の場合)
住民基本負担額=(告示日後工事費のうちエアコン設備に係る工事費)×30%

換気設備工事(基準額以下の場合)
住民基本負担額=(告示日後工事費のうち換気設備に係る工事費)×50%

※基準額については、別紙 補助額のご案内 に記載しております。
※エアコン・換気装置とも、住宅の状況及び申込者の希望により基準額を超える場合、
 基準額を超えた額は申込者の負担となります。(住民基本負担額に加算されます)


4 申込締切日と工事スケジュール

平成29年度の申込受付期限は、平成29年8月1日(火)まで です。
平成29年度
申込締切日 調査設計期間 工事実施期間
第1回 5月12日 6月上旬 〜 7月上旬 8月中旬 〜 11月上旬
第2回 8月1日 8月上旬 〜 9月下旬 11月中旬 〜 1月下旬
5 申込書等の入手及び申し込み

1  申込書等は、市町の窓口、当機構で配布しています。
2 申込書等は、当ホームページからもダウンロードできます。印刷する際には、
A4版の用紙をお使い下さい。
3  お申込は、当該住宅の所在する市町の窓口及び当機構で受け付けます。
4  お申込には、対象住宅の登記簿謄本が必要です。
※補助申込にあたっては、必ず各資料をご覧になり、本事業をご理解の上お申し込み
いただくとともに事業へのご協力をお願いします。

民家防音工事費用補助のお知らせ
住宅騒音防止工事補助申込書(両面印刷)
補助額のご案内
確約書A
確約書(賃貸住宅の場合)

adobe reader バナー
PDFデータを御覧になるには、「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は、Adobe Reader をダウンロードして
ご利用下さい(無料)

6 申請手続きの流れ

申請手続きの流れ・解説図

お問合わせ先

(独)空港周辺整備機構 地域振興課
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2−17−5(ARKビル9階)
電話 092 -472 -4594  FAX 092-472-4597

戻る
キッズ版 空港周辺を楽しもう 音声バージョン 文字バージョン